2017年12月13日水曜日

相鉄鉄道小説大賞、応募して一次選考の結果が(私の分は)出そろいました。

 ええと。

 鉄道小説大賞|相鉄沿線の街、人、自然。

 これに応募してました。

 5本書いて送ったんですが、結果。

 「私のレール」米田淳一 | 鉄道小説大賞

 「ドリーム・エクスプレス」米田淳一 | 鉄道小説大賞

 「正義の味方」米田淳一 | 鉄道小説大賞

 「ベッドタウン」米田淳一 | 鉄道小説大賞

 「横浜小説小さな取材紀行」米田淳一 | 鉄道小説大賞

 以上5本、全部一次審査通過しました。おかげさまです。



 しかしこれ、選考大変だろうなー、と思ってた。応募数どれぐらいいったんだろう。盛況で良かったけど、選考委員さんと事務局さん、本当におつかれさまと思う。
 一次の選考終わるのが12/20ごろらしい。大変だ。私の場合は早めに応募していったんだけど、締め切り間際にドバッと届いた感じしてたので。

 このコンペ、良い企画だったと思う。相鉄って地味な会社に見えるけど私の好きな会社だし。その100周年を記念したこのコンペ、100年分の相鉄沿線の人々のいろんな思いが集まった良いコンペになったと思う。相鉄を見てるといい意味で沿線文化創ってるなーと思うし。鉄道である以上に地域の背骨になってるという自覚を感じる。そういう鉄道会社って素敵だよね。

 というわけで私も5本書いて送った。それぞれ8000字ぐらい。ライトノベル風味、SF、現代ドラマ、ポリティカル、旅行記と送った全てが一次審査通過で評価されたのは、とても励みになります。

 来年2月中旬に二次選考の結果が出て発表になるそうです。まあ私のやることは終わったので、静かに別のことして待つだけです。

 でも、ほんとうにありがとうございました!

2017年12月10日日曜日

「天下布武金融戦記」トークメーカーで連載中。



天下布武金融戦記|テキスト作品詳細|トークメーカー

連載開始しましたー。

第一話は昔書いたんですが、第二話は完全新規作成です。
目下第三話を作成中。ちょい難航してますが、近日中に発表予定。
この連載、四話「信長の身代金」で最終回になります。

いましばらくおまちください。

2017年12月7日木曜日

お知らせ。

VALU | 米田淳一のVALU https://valu.is/yoneden

VALUってのをはじめてみました。
まさか審査通るとは思ってなかったのですごくびっくりしてます。

VALUとは何か?【すごく分かりやすく説明してみた】 - それ、僕が図解します。
↑わかんない人はここ参照。

明日朝、取引が始まるようです。

というわけで、末永くよろしくお願い申し上げます。

2017年12月6日水曜日

意欲減退に小工作・地上実験測定本部を作る!


意欲減退ナウ。

そりゃがんばりすぎたのもあるけど。


1日11万6千字はキツかった…。まあ、楽しかったんだけど。


この本はマジで書いてて楽しかった。




こんな楽しい本、あと何冊書けるだろうか……。

時間が足りない。

で、そんなコト思ってても仕方ないので、


試運転線にこんなもん作ってみた。
ジャパンマリンユナイテッド風味のスローガン付きの実験線看板。


こんな感じ。産業文化の感じで。



実験線なんで、こんなヒドい踏切があっても良いのだ。

で、思ってたんだけど、

実験線での実験中のセット作っちまえば、
どんなに未完成でも良いんじゃないかと思ったのね。
実験中だから。

長テーブルに機材置いて、テント張って。
地上実験本部にしちゃうの。


で、やってみた。ホントに。


ヒドいッ!


早速置いてみる。


こうかは ばつぐんだ!


楽しい。


当然戦車にもあう。データ測定中的な。


1/144人形とガンダムってサイズ合いにくいんだけどね。縮尺一緒でも。
でも、こうすれば合う。


A3の面積あればオーケー。


てことはもっと合いやすいレイバーとはもっと合うのね。


横倒しガンダムとも合うぞ。

まさにドラえもんの道具のごとき汎用性。


で、悪乗りして、ケーブルも這わせてみた。


真ん中に測定中枢装置、そしてそこから測定器A、B、Cにデータ配線。
それぞれに電源配線。
そして測定器からセンサーへのケーブル。

このスパゲッティ感が欲しかったのよ。


グッとくる。背景はいまいちでも。


有線の説得力。
実際は無線計測も多いと思うけど、
模型的には線が這ってる方がすごく説得力ある気が。


「試9903列車、発車!」
「発車!」


こういう雰囲気好きなのね。


10円玉と比較。
こんな小さい。


当然戦闘機とも合います。


こんなに楽しい。

模型作ってこんなに楽しくても、
結局は30分後に鬱になってしまうからなあ。

きついなあ。冬は。

2017年12月3日日曜日

書籍「レイルモデラーズ」発売!



はい、発売しましたー。



不思議な鉄道模型店・天の川鉄道模型社のマスターと、
そこで彼が預かっている女の子(メイドさんコスして働いている)と
12人のお客さんの物語。
 トークメーカー・テキスト部門で一部方面に大好評の
鉄道模型モデラー・シチュエーションコメディ!
著者もこんなに褒められるとほとんど思ってなかった
予想外の作家生活20周年を飾る作品!
読者置いてけぼり?
いえ、鉄道模型趣味わかんなくても楽しく読めてしまうとの意見あり!(ホントです)
テツ分・模型成分に
なぜか異世界成分やシンゴジラ成分まで含有!
なんと無双シーンに召喚魔法シーンまである!
総裁「是非読者諸賢のご検討を乞うのである!」



↑Amazonでも買えます。

あとBCCKSでは他電子書籍ストア(現在準備中)や
POD(プリントオンデマンド)による紙本も
購入可能!
POD版買うと電子版もついてくるよ!(お好きなepubリーダーで読める!)

「トークメーカー」テキスト部門ランキング月間1位驀進中!

書籍版特典!

なんと、


「天の川鉄道模型社」の店内図解CG添付!
サービスカット添付!
特別付録・書籍版「レイルモデラーズ」が出来るまで も収録!
当然11.5話「レイルモデラーズ」最終回直前スペシャル も収録!

まさにコンプリート版!

是非ご検討を。


2017年11月25日土曜日

3Dプリント4灯信号機(DMMで販売中)の作り方解説



うちのここ、
DMMで売ってるNゲージ用鉄道信号機、
こんなデザインの3Dプリント信号機です。


こっちは本物。


これも本物。

ではここから作り方解説。


まずDMMで売ってるうちの3Dプリント4灯信号機。
今3灯と5灯セットのも売ってる。
こんな感じで届きます。


表側はこんな感じ。



裏はこうなってます。
光漏れを防ぐための仕切りが飛び出してます。



こんな感じにチップLEDを入れ込みます。
固定は少量のゴム系接着剤でいいかな。
ボンディックというUVレジンで固めてしまう手もあるけど、
失敗したら裏蓋がはまんなくなるかも。


点灯させてみます。上下に光が漏れてないのが嬉しい。


で、正面から。
このときはテスト用に白チップLED使ってました。
当然赤黄緑のチップLEDを入れるのが正解です。
ただ、4灯は色灯の配置のパターンが2種類あるので注意。
これは鉄道会社によっても違うっぽい。

で、裏蓋をはめて、点灯確認後裏を白く塗ります。



で、信号柱です。
8本つながって届くと思います。
この繋いでるところの細かいパーツが信号機の取り付けステーになってます。
なくしやすいし壊れやすいんですが、ここを頑丈にしすぎるとイモくなるので、
そこはご理解をお願いしたく。


これがステーです。
下の角っぽいのが上のステー。
上の曲がったパイプ状のが下のステー。
どちらも輪っかになってますが、この輪を信号柱の上からはめていきます。


ちょっと角度変えて。
下のが上のステー。
上側の2本のパイプ状のが上のステー。


で、こんな感じにはめます。
はめ込みがキツイときは無理せず柱を軽くヤスッてみてください。


で、信号機本体を取り付けます。
ゴム系接着剤を少量盛って取り付けます。
ほとんど接着面積ないので注意。


こんな感じになれば完璧です。


ただ、実際リード線配線しちゃうと、あんなキレイには行かないんですよね。
リード線暴れちゃうし、
リード線をあんなキレイに曲げてセットなんて、正直無理です。
私のでもこうするのが限界でした。
だから下のステーは省略してリード線で支えてます。
下の点検台のメッシュにスリット入れてそこにリード線納めることも考えましたが、
かっこ悪くなりそうなんですよね……。
でも下ステーつければもうちょっと信号機安定するかな。
すごくつけにくいけど。


こんな感じになります。

ううむ、改善しようかなあ。
迷いは続いています。


2017年11月24日金曜日

今更・ペーパーレイアウト合同練習会に行って来たー。




お出かけ。


ほぼ始バスで。テツの朝は早い。


雨。




休日朝はロマンスカー大活躍。




乗ったのはこの列車。


この表示も見られなくなるのだろうか。



この椅子は良い。


雨の新宿。


でもこれに乗る。
東急大井町線。初めて乗るよ。
私、乗り鉄じゃないので。


戸越公園で下車。

都立大崎高校でのペーパーレイアウト合同練習に、
いろんな高校鉄研の高校生にまじって参加してきました。一
般参加は私のみ。他ほとんど高校生。大丈夫か私。

大雨の中だったのだけど集まった高校生は60名以上。
私は駅からGoogleマップにすっかり騙されて遅刻すれすれでなんとか間に合いました。
ひいいい。なんで線路の反対側を高校に入り口にするんだGoogleマップ。

でも始めにペーパーレイアウトの作例を拝見。
良く出来てる、というか、架線柱までペーパーで自作!
 まさにど根性。
でも高校生は根性鍛えたほうがいいし、
かかるお金安いからそっちのほうがいいよね……。
高校生向きだよなあ。




良く出来てるなあ。



午前中はペーパー工作の基礎・理論から方法論まで伺い、実習。




教材のケント紙に印刷されたパンタ点検台をカットから組み立てまでやりました。
工作精度の上げ方なども習うことが出来ました。
同席した高校生にも気遣いただいてしまってあうう……。
でもパンタ点検台、時間内になんとか組み上がりました。
手でこんだけカットしたの久しぶりだよ……。



懐かしいなあ、この感じ。


結構丈夫に出来ました。


お昼は高校生と一緒に。私は朝買って置いたお弁当を。
今時の鉄研高校生の生活や夢とか遊びとかも聞けて大変良い取材に。
なるほど、ゲーム制作と東方と鉄道擬人化か……。
今後のヒントになりそうです。

非実在女子高生の総裁も喜んでるけど、彼女、非実在だもんなあ。



午後はジオラマの方法論について。
かなり過激なところもあるようでいて実に理にかなっていて、
私の持論ともあっていて実に意を強く出来ました。

そのあとは製図の実習。
ケント紙に垂直線・平行線を書く。
たったこれだけだけど、私自身習ったことなかったので実に身になりました。
スケール感とかも習いました。
1/150の感覚を改めて体験。
ううむ、いつのまにか感覚がズレていたなあ。そういう所を補正。





最後は50mmのサイコロを作る課題が。許容誤差±0.25mm。

真っ白いケント紙から50mmの立方体を作ります。
紙の厚みを計算して作り、最後に
49.75ミリ四方のレーザーカットされたゲートを通らず、
50.25ミリ四方にレーザーカットされたゲートを通れば成功
というチャレンジ。

紙の厚みは0.25mm。
何も考えないで作れば簡単に仕上がりサイズが50.25ミリを超えます。
かといってその分小さく作るにも、
紙の組み立て順と方向を間違えると49.75ミリより小さくなってしまいます。
とはいえ0.25ミリ単位で切るのはなかなかしんどい。
何よりも面が正確に水平垂直にカットし組み立てられてなければ、
当然ゲートを通りません。

あれ、どっちに差分寄せるんだっけ?
と頭がウニになりそうでしたが、なんとか工夫しました。
「0.5ミリならなんとか切れる」ということに気付いて、
できるだけ厚み分のオフセットを一方に寄せるよう設計、カットします。

そしてチャレンジ。
高校生に負けるのは恥ずかしかったのですが、そこを勇を鼓して。
ちょっと引っかかったけど最初のチャレンジでクリア。
1度調整して完全クリア出来ました。こんなことで大人気ない44歳児ですが、
なんとか面目を保ちました。






そして帰宅。
家に帰って例の入換信号機付き引込線モジュールに、
今日作ったパンタ点検台を置いてみる。






手摺り太いなと思っていたのに案外カッチリ作れたせいか見栄えがします。
紙でも精度出してカッチリ作れれば、
なかなかの戦闘力があるのだと改めてわかりました。


思えば、普通に既製品とかキットで作れるんだったら良いけど、
納期近くてなにかをごまかすような構築物作ることを迫られ、
クラフトロボも使えない、レーザーカットなんか外注してる余裕もない、
という追い詰まったときに、
手と三角定規とアートナイフさえあれば、
なんとかいいものが作れてしまう。
この技術は、ほんといろんなところで活用出来そうです。
まさに基礎の大事さです。





というわけで講師の田中秀幸さん、ありがとうございました。

楽しい一日になりました。

最後にこの練習を感想を60名以上の高校生に話すのは一番キツかった…(笑)。

すっかりアガってしまいました。ひいいい。