2017年4月28日金曜日

Adobe Creative Cloudの罠にはまる。

 私、AdobeCC(Adobe Creative Cloud)の罠にはまったかもしれん。

 AdobeCCを買ってたのね、私。他社の某動画編集ソフトがあんまりヒドかったんで、思い切ってAdobePremiereに乗り換えたかったの。

 で、Amazon見てて、コンプリートプランはしんどいけど、Premiere単体12ヶ月プランってあるのか、と思って、買っちゃったの。去年9月に。

 で、その後、この4月まで、ばっちりPremiereは活躍してくれた。

 しかし!

 4月にこんなメールが来てたのね。

 【重要】 Adobe Creative Cloud 定期購入版 取り扱い終了のお知らせ
Amazon.co.jp <cs.no-reply@amazon.co.jp>
4月11日
 To ****
平素よりAmazon.co.jpをご利用いただき、まことにありがとうございます。
Adobe Creative Cloud 定期購入版をご利用中のお客様へのご案内です。
まことに勝手ながら、Amazon.co.jpでは、2017年4月14日をもちまして、Adobe Creative Cloud 定期購入版の取り扱いを終了させていただきます。

 ……だって。

 AdobeCC12ヶ月プランってのは、12ヶ月の途中で解約すると、残りの月の支払いの半額をキャンセル料として払わなくちゃイケナイ。

 そりゃビビるよね。ええー、って。AmazonとAdobeどうしちゃったんだろうと。

 現在ご利用中のAdobe Creative Cloud 定期購入版は、次回有効期限日までは引き続きご利用いただけますが、自動更新はされず、有効期限日以降はご利用いただけなくなります。

 で、Amazonの購入記録見てみると、

次回更新日: 2017/09/29

 ってあるので、まあいいかー、今年9月に切れたらadobeから直に買い直せばいいやー、と思ってたのね。

 ところが。

 Premiere2017が、どうにもAfterEffect必須みたいになってしまった。
 アップデートしてびっくり。

 で、まいったなー、と思ってたら。
 17年4月28日(日本時間)に見たのね。


Creative Cloud プランをアップグレードまたは変更
アーカイブされた 2017年4月27日 15:30:55 UTC

プランのアップグレード

Creative Cloud では別のプランに簡単にアップグレードできます。 
Creative Cloud の年間プランにアップグレードする場合、キャンセル料は発生しません。アップグレードの場合は、元のメンバーシップの残り契約期間に応じて払い戻しが実施されます。
例えば、単体プランは Creative Cloud コンプリートプランにアップグレードできます。また、月々プランから年間プランにアップグレードすることもでき、お支払いは月額払いと一括払いのどちらかをお選びいただけます。以下の手続きを行います。
おおー、コンプリートプランに出来るのか!

 差額考えたらアップグレードしてAfterEffectもIndesignもIllustratorも全部使えるってのはいいかも。全部使う必要あるし。今我慢してるけど。

 で、Adobeの手続きページのアップグレードのページ、見ると。

 ボタンが、ない。

 説明のスクリーンショットにあるボタンが、ない。

 で、あ、と思う。

 これ、Amazonで買ってたから、仕方ないのか!

 で、ビビってAmazonのHPを見る。


Amazon.co.jp: Adobe 定期購入 (サブスクリプション) 支払・更新・キャンセルについて: PCソフト
アーカイブされた 2017年4月27日 15:28:52 UTC

 (4)アップグレード
 12ヵ月プランをご利用の方で単体プランからコンプリート版へのアップグレードをご希望の方は単体プランの早期キャンセル料が免除になります。
ご希望の方はAmazonカスタマーサービスまでお問い合わせください。

 あれ、できることになってるの? まだ。

 で、Amazonカスタマーサービスに連絡。問い合わせて、って書いてあるんだもん。


「あ、できないですねそれ」
 ええっ。やっぱりだけど、でもHPまだ変わってないよ。
「HPまだ変更になってないんですね。Adobe取り扱わなくなったんで、アップグレード無理です」
 でも、じゃあアップグレードどうすればいいの?
「できませんね」
 でも、AdobeID、AmazonIDと紐付いてるから、コンプリートプラン買おうにも、単体プランのPremiereが邪魔しちゃって、9月の有効期限切れまで買えないですよね。
「そうですね」
 じゃあ、単体プランを途中キャンセルしてコンプリートプラン買い直すしかないんですか?
「そうなりますね」
 ええーっ。ってことは、今年9月までアップグレードするとキャンセル料かかりますよね。
「そうなりますね」
 ええーっ。
 どうやってもそうなんですか?
「そうなりますね」
 ええーっ。
 じゃあ、アップグレードしないでずっと9月まで我慢することに?
「そうなりますね」

 ええーっ。

 というわけで、めでたく罠にはまったわけです。ひいいいいい。

 Amazonカスタマーサービスの人、一応調べてみる、って言ってくれたけど、どうなっちゃうんだろう……。

2017年4月24日月曜日

周遊列車「あまつかぜ」を作る(24)とある件のために撮影。

必要に迫られて撮影することになりました。

よっこいしょ、と6センチセクションを2つ、
建物をちょいちょいと置いて、
撮影セットにします。
そして通電して、
撮影開始。

今回は印刷物用なので縦位置で撮影。


いひひひひひ。

反対側も楽しい。




印刷物で文字配置するので、余白多めに。


文字のレイアウトの自由度上げるために
アングルもいろいろ変えてみる。


ちょっと明かりをおとしてみる。



まあ、これで50枚近く撮った。
使えるのは数枚、
印刷物は一点しか作んない。
しかたないよね。
私、一発でいい写真が撮れるほど上手くないし。
デザインさんに「これでいいはずです!これで絶対やってください!」なんて
無理させるほどいい写真は撮れないし。

というか、自分の視点、絶対視してないもん。
私には必ずどっか見落としがある。
そういつも思っている。
だから、他人になにか言われても、今はそれほど凹まない。
むしろ違った目で見るとそうなのか、なるほどなーと思うし。
眼がせっかく複数あるのなら、
その分広く、深く見られるはずだし。

そう思ってないと、
なにかとこういう作業って、勝ち負けになっていくのね。
でも、勝ち負けをするのはそこじゃないんだよね。
一緒に戦う仲間と勝ち負けしてどーすんだという。
だから、自分の見えてないところを言ってくれる仲間ってのはすごく大事。

だから、なにか言われても、すぐに「でも」って言っちゃうのはあまり良くない。
そういう反論は、最終成果物の時には、いつも出来ないものだから。

だから、謙虚に。

あと、「それもあるよねー」ととりあえず受けておくと、
言われてハラ立ってたとしても、いきなり喧嘩にならないのでお得。(それかい!)

人間40年も生きてると、こうやってズルくなります。

というわけで、これで撮影は終わり。


おかたづけするのがいつも惜しいのが鉄道模型。

あとお片付けの邪魔をするネコのヒト千秋。


そんなことを総裁に説教されながら、今日もいろいろとやっていきます。


あのカーブを再現してみよう!(1)ざっくり作ってみる。


はいはーい。

ちょいとカチンとくることが続いたので、

それを創作にぶつけます。


いつものインクスケープで作図。


こういう大きな建物はパターンが決まっているので、
それを以前ロケハンに行った時の資料写真を見ながら、
パターンを割り出していきます。

ざっくりこんな感じ。


屏風みたいなマンション。

実はこんなにぺったんこ。

階段もこんなだし。


でもそこそこいいような気がする。

 このカーブのマンションをやりたかったのね。

京都山崎、サントリー山崎蒸留所のとこのカーブ、
通称「サントリーカーブ」。
鉄道ファンにとっては有名な撮影地。

結構いい感じに写真が撮れるところ。

カーブの曲率とか全然違うので、勝負にならないのはわかってるんだけど、
やってみたかったのね。


GooglePhotoがこんな具合にしてくれた。ちょっと嬉しい。

カッとならないとこんなことできないけど、
やってみて楽しかった。
でもまだまだ再現に工夫は必要。
研究をさらに進めてみます。


2017年4月23日日曜日

周遊列車「あまつかぜ」を作る(23)まだまだ手を入れる!


うひっ。


はいはいー。

どうにも「四季島」が気になる。

カッコいいんだよね、四季島と瑞風。さすが本物。

で、すこしでもマネしたいので、ちょっと軽工作。
最近軽工作ばっかりじゃないかという意見もあると思うけど、
事実そうです。軍資金ないので。



よくわかんないだろうけど、ワイパーカバーをつけた。
文字もはっきりしないし、形状もいまいちなので、



もう一回作る。
文字はフォントそのままではなく、外側にアウトラインを0.05ミリ太らせた。

さらに、ワイパーカバーの天端を外舷ヘッドランプの上まで伸ばした。



いひひひひ、これは個人的に気に入った。
早速駅において楽しむ。

たーのしー!

iPhoneのカメラは模型撮りに向いてるのです。
隅っこにあるので隙間にねじ込めるしマクロも効く。

気に入ってしまった。

営業運転中にあり得ない並び。

ちゃんと文字が読めます。

実はライト消灯するとなぞの精密感が。
レタリングは効果高いなあ。

気に入ってしもうた……。

ちなみにこのオープンテラス。

瑞風のあの配置は秀逸だなあと思ってたけど、
実はこっちにも理はあって。
あれは前進時にはデッキに出られないのね。アブナイし風すごいから。
でもこっちは出られるんですよ。
オープンカーみたいになってるので。
三角窓もあって風の巻き込みも抑制出来るようになってる。

というわけで軽工作で楽しみました。

あと、そのほかのワタクシ。

総裁の朝の図。
これ、総裁の家なんですよ。再現しちゃったの。B寝台。
だから読書灯の位置とか違うし。総裁寝る前の読書好きだから。

あと、


ホントに作っちゃったよ、鉄研でいずOP(オープニング)の動画。
AdobePremiereの練習でまさかのこんなことに。
というかいきなりPremiere2017、アップデートで結構わけわかんなくなって。


こんなん食らっちゃった……。まあ、PCもデータも無事だったけど心臓に悪い。

あと、





 また出ました。オルタナ3号。
読者諸賢には是非ご検討いただきたく。

このオルタナについてはさらにどっきりががががが。

それについてはいずれ!!